【都道府県の魅力】愛知県 ~厳選おすすめポイント~

wagayaジャーナル

日本のこと、街のこと、暮らしのことなど
日本での生活に役立つことを発信しています。

【都道府県の魅力】愛知県 ~厳選おすすめポイント~

2022-05-10

日本の観光・娯楽

 

 

 

愛知県にはユネスコ無形文化遺産から離島など観光を楽しめるだけでなく、食も魅力がたくさんあります。

 

関西と関東のちょうど中間である愛知県には独特の文化や言葉があり、既に日本を満喫している外国人の方にも別の文化を楽しめるため人気です。

東京から愛知県に行くためには新幹線で約1時間半程度かかります。日帰りで行くのもおすすめですが、見どころがたくさんあるため愛知県の旅はじっくりと時間をかけて楽しむことがおすすめです。

 

この記事では、愛知県の魅力をご紹介します。

 

目次

愛知県の魅力【食】. 1

愛知県の魅力【観光】. 3

愛知県の魅力【自然】. 4

まとめ.. 5

 

 

愛知県の魅力【食】

愛知県は言わずと知れた食の魅力が豊富にあります。
ここからは愛知県の食の魅力をご紹介します。

 

 みそ煮込みうどん

みそ煮込みうどんは、豆味噌の風味をいかした、専用麺を使った愛知ご当地のうどんです。

 

土鍋の中で豆味噌のつゆが煮立ち、熱々の状態でいただきます。豆味噌の甘辛さの中に、ほのかな渋みの豆味噌の特色を実感できる料理です。一般的なうどんよりも歯ごたえがある専用麺は塩を使わずに打ちます。みそ煮込みうどんに使われるダシは主に宗田カツオやムロアジなど魚介を使い、みその濃い風味にも負けない香りがあります。

 

特に有名な店として山本屋総本家と山本屋本店がありますが全く別のお店です。食べ比べもおすすめです。

 

みそかつ

みそかつは庶民のひらめきによって生まれた味噌ととんかつの大胆な組み合わせのものです。

みそかつのルーツは戦後の屋台と言われています。どて鍋の味噌に串かつをつけたことが始まりとされ、おいしさが評判になりました。かつとみその組み合わせがとんかつ専門店、洋食店や食堂など広まっていき、現在では愛知県内でとんかつを提供する店では、味噌かソースを選べるようになっています。

 

みそ料理を2つ連続紹介しましたが、愛知県にはみそを使った料理がたくさんあります。みそおでん、どて煮などもあるのでみそ料理を堪能するのもおすすめです。

 

手羽先

手羽先は鶏の手羽先を素揚げし、特製タレにつけ、スパイスとゴマをふったピリ辛スパイシーな味の手羽先です。外国でいうバッファローチキンの日本版といっても過言ではありません。

ピリ辛で何本でも食べられるため、ビールのお伴として最高です。

 

 

愛知県の魅力【観光】

ここからは愛知県の観光の魅力をご紹介します。

 

名古屋城

愛知県の観光で外せないのが名古屋のシンボルでもある名古屋城。名古屋城は1612年に築城されました。ます。戦争で焼失しましたが、金の鯱(しゃちほこ)を有す五層の大天守閣と小天守閣が再建されました。2018年には本丸御殿も完全公開され、豪華絢爛な「上洛殿」や書院造の「湯殿書院」は見ごたえたっぷりです。

「名古屋おもてなし武将隊」の演武が土日祝におこなわれているので、週末に行く場合はタイミングを合わせるのもおすすめです。

 

また、名古屋城の「金シャチ横丁」にはみそ煮込みうどんや手羽先、あんかけパスタなど愛知が誇るグルメを楽しむことができます。

 

犬山城

愛知県は名古屋城以外にも名城が多くあります。愛知が誇る名城の中の1つが犬山城です。犬山城は、1537年、織田信長の叔父・織田信康が創建しました。戦国の世には、信長・秀吉・家康が奪い合いましたが、戦時中の空襲も免れた希少な城です。天守閣は現存する日本最古の木造天守として国宝に指定されています。

 

犬山城は小高い山の上に建てられているため天守閣からの眺めはお殿様気分も味わえます。周辺の古い街並みや観光施設もあるので観光スポットとして充実しています。ユネスコ無形文化遺産に登録されている「犬山祭」では城下町を車山がめぐります。

 

ラグーナテンボス

伝説の港町をイメージして作られた「ラグナシア」をはじめ、ショッピングやグルメ、天然温泉、夏にはプールも楽しめる複合マリンリゾートです。シーズンごとにちがうイベントがおこなわれ、1年中楽しむことができます。宿泊する時には「変なホテル」がおすすめです。世界初のロボットが働いているホテルでは不思議な宿泊体験を楽しむことができますよ。

 

 

愛知県の魅力【自然】

愛知県の魅力は迫力満点の自然もあります。
ここでは愛知県の自然の魅力を解説します。

 

 日間賀島(ひまかじま)

知多半島の港から10~20分ほどで行ける離島「」日間賀島(ひまかじま)。名古屋から最も近い島ですが、島全体が三河湾国定公園内に含まれており、島内には名物のタコの歓迎モニュメントや建築物などがあります。トラフグなど新鮮な海鮮が味わえる他、海水浴や釣り体験、イルカとの触れ合いも楽しむことができます。

 

佐久島

日間賀島に並ぶ有人島の佐久島。島の80%以上を占めるのが里山で、信号もコンビニもありませんが、アート作品がたくさんあります。アートイベントも随時開催されており、インスタ映えするアートの島です。

もちろんアサリやタコなど名物の海鮮を使った大アサリ丼やタコしゃぶなどの名物料理もあり、魅力たっぷりです。

 

 篠島(しのじま)

島全体が三河湾国定公園内に含まれている「篠島」。「日間賀島」と同じく、知多半島の港から30分弱で気軽に行くことができる離島です。「東海の松島」とも呼ばれる美しい景観を楽しむことができます。

渥美半島や志摩半島を臨むことができ、西方の海上にある松島に夕日が沈む景観は「日本の夕日百選」に選ばれています。

篠島のグルメとしては全国で有数の水揚げ量を誇る「しらす」があります。その他にも鯛料理や、冬には「とらふぐ」もありたくさんの海鮮グルメを楽しむことができます。

 

「東海の松島」と呼ばれる絶景の名所が豊富に点在する篠島。美しく沈む夕日の景色をゆったりと眺めながら日頃の疲れを癒す至福の時間を過ごせます。

 

まとめ

この記事では愛知県の魅力を紹介しました。

 

愛知県は地理的に日本の中心にあるため東京からはもちろん外国人の方に人気の京都・大阪などの関西エリアからもアクセスしやすく、愛知ならではの食・観光・自然の魅力があります。

1年中楽しむことができ活気あふれる愛知県。知られざる愛知県の魅力を発見しに行ってはいかがでしょうか。

その他おすすめの記事を見る