【外国人向け】六本木駅まで乗り換えなし30分で通勤できる、外国人が住むのに最適なおすすめ駅4選!

wagayaジャーナル

日本のこと、街のこと、暮らしのことなど
日本での生活に役立つことを発信しています。

【外国人向け】六本木駅まで乗り換えなし30分で通勤できる、外国人が住むのに最適なおすすめ駅4選!

2021-07-20

日本の住まい

 

 

六本木は外国人にも人気の繁華街で、昼はオフィス、夜はバーやクラブなど、1日中多くの人が行き交います。

外資系企業も多くタワーマンションが集う六本木は華やかな一方、美術館や公園もあり感性を刺激される魅力的な側面を持ち合わせています。そのため、六本木に住みたいと思う外国人の方も多いことでしょう。

しかし、六本木は日本屈指の繁華街だけあって東京の中でも家賃相場の高いエリアです。

 

そこで今回は、六本木駅まで30分以内で乗り換えなく行ける、外国人が住むのに最適なおすすめのエリアや駅を解説します。

 

 

 

目次

清澄白河… 1

中野坂上… 2

入谷… 3

両国… 3

まとめ.. 4

 

清澄白河

清澄白河駅から六本木駅までは大江戸線で乗り換えなし20分で到着することができます。

また、渋谷駅や新宿駅へも乗り換えなしで30分以内で行くことができるため、都心までのアクセスの良さは抜群です。

 

清澄白河駅はブルーボトルコーヒーが初めて日本に上陸したエリアで、日本のブルックリンとも言われています。
日本人はもちろんカフェが欠かせない外国人にも人気のエリアです。

 

家賃相場はワンルームで8.6万円と少し高めです。六本木や渋谷、新宿エリアと比較すると手頃な家賃相場です。また、中央区も近いので日本橋や銀座など外国人にも人気のショッピングエリアもアクセスが良い場所です。

駅周辺にはスーパーやカレーパンが誕生したとされるパン屋、総菜屋さんなど生活するには便利です。コンビニも駅周辺半径500mに10軒あります。

大通りから一本裏に入れば閑静な住宅街が広がります。

 

清澄白河エリア周辺の治安の良さは有名で、凶悪犯や路上犯罪はほとんど起きていないようです。

外国人や女性の一人暮らしでも安心して住むことができる治安の良いエリアです。

 

 中野坂上

中野坂上駅から六本木駅までは大江戸線で乗り換えなし16分で到着することができます。

また、新宿駅までは電車でたったの4分のため、都心までのアクセスの良さが特徴のエリアです。

家賃相場はワンルームで7.6万円ほどですが、都心までのアクセスの良さを考慮すると、手頃な家賃相場であることがわかります。

駅周辺にはスーパーが数軒しかありませんが、コンビニは駅周辺半径500mに16軒あります。
中野坂上はオフィス街のため、ファミレスやカフェ・ファストフードを始め、居酒屋などの飲食店も充実しています。

昼間はオフィス街でにぎわいますが、住宅も多く、大きな幹線道路も通っているため人通りも少なくありません。

強盗・暴行などの凶悪犯や粗暴犯などの重大犯罪は少なく、女性や外国人の一人暮らしも可能な治安が良いエリアです。

逆に粗暴犯が起きやすいエリアは、西新宿五丁目や北新宿二丁目やなど繁華街である新宿に近いエリアです。住む場所として注意が必要です。

 

新宿から隣の新大久保駅はコリアンタウンをはじめ在日外国人が多く住むエリアです。中野坂上エリアから新大久保駅へは直通では行けません。しかし、新宿駅から新大久保のエリアは徒歩圏内です。中野坂上は外国人が多く住むエリアへもアクセスのよいエリアと言えるでしょう。

 

 入谷

入谷駅から六本木駅までは日比谷線で乗り換えなし30分で到着することができます。

家賃相場はワンルームで7.9万円ほどですが、東京駅や品川駅、池袋駅などのターミナル駅までも30分以内で到着可能です。

入谷エリアは重大犯罪の件数は多くありませんので一部のエリアを除けば治安は比較的良いと言えるエリアでしょう。

しかし、駅の東側には「吉原」エリア、駅の西側には有名なホテル街の鶯谷駅があるため、ファミリーで住む場合や女性の一人暮らしの場合は住むエリアに注意が必要です。

 

しかし、駅周辺にはスーパーやコンビニ、チェーンレストランも多いため利便性が高く、通称「あさがおロード」という入谷中央商店街があるため日々の買い物には困りません。

 

外国人の観光客に人気の浅草エリアや上野駅も徒歩圏内ですので週末の散策がおすすめです。特にかっぱ橋道具街は調理器具を多く扱うお店が集まる有名な商店街です。海外のシェフなどがわざわざ日本に包丁などの調理器具の買い付けに来ることもあるようです。

 

両国

両国駅から六本木駅までは大江戸線で乗り換えなし24分で到着することができます。

両国駅は大江戸線と総武線の2路線が乗り入れています。

六本木駅以外でも銀座駅、新宿駅や渋谷駅までも30分以内でアクセス可能で都心へのアクセスが良いエリアです。

 

家賃相場はワンルームで9万円ほどなので少し高く感じる方も多いかもしれません。
しかし、秋葉原駅まで2駅で徒歩圏内であり、両国橋を渡って墨田川を渡ると、東京の中でも物件が高いことで有名な中央区になります。

 

駅周辺にはスーパーが数軒とコンビニが19軒ほどあります。

両国は国技館も近く相撲部屋も多いのでちゃんこ鍋屋さんだけでなく、ジンギスカンやモンゴル料理屋さんなど珍しい異国料理屋さんが多くあるのも特長です。

 

強盗・暴行などの凶悪犯や粗暴犯などの重大犯罪は少ないため、女性や外国人でも安心して一人暮らしが可能なエリアです。

 

朝から相撲部屋の練習する声が聞こえてきたり、運が良ければ道路でストレッチをする相撲力士に出会うこともあります。

両国駅に隣接する江戸文化や相撲について知ることができる『江戸KOREN』は、江戸の食を堪能することが可能です。現在の日本文化に慣れた外国人の方でも新たな発見があるためおすすめです。

 

 

まとめ

 

この記事では六本木駅まで30分以内で乗り換えなく行ける、外国人が住むのに最適なおすすめのエリアや駅をご紹介しました。

 

華やかな六本木駅に住まなくとも東京は地下鉄やJRなどの交通網が発達しているため乗り換えなしでもアクセスの良いエリアに住むことが可能です。

逆に離れることで、新宿や渋谷駅などの主要ターミナル駅までアクセスが良く治安が良い穴場エリアも多くあります。

 

あえて少し離れることで家賃を抑えながらも利便性を確保することが可能です。
六本木駅には大江戸線と日比谷線が乗り入れています。乗り入れている2路線沿線の駅を中心に30分以内で行けるエリアを探してみることもおすすめです。

その他おすすめの記事を見る