飛行機(国内線)に乗る時の密かな楽しみ~空弁~

wagayaジャーナル

日本のこと、街のこと、暮らしのことなど
日本での生活に役立つことを発信しています。

飛行機(国内線)に乗る時の密かな楽しみ~空弁~

2019-11-24

日本の料理・食べ物

皆さん、飛行機や空港は好きですか?私は空港で一日過ごしてと言われたら、ずっと屋上テラスで離着陸を眺めていられるぐらいには好きです。
ですが、実際どれぐらい空港に行って飛行機に乗るかと言われれば、年に数回実家に帰省する時ぐらい……。
そんな数少ない飛行機に乗る時の私の楽しみは、

その①機内で飲むオリジナルコンソメスープ。

その②飛行場で食べるご飯!

もちろん搭乗手続き前にレストランで食事、なんて時もありますが、最近は空弁を買って搭乗口の前でテレビを見ながら、機内に乗り込む前に食べています。

前置きが長くなりましたが、今回はそんな空弁をご紹介していきたいと思います!

 

人形町今半「すき焼き重」 ¥1,550(税別)

有名なすき焼きのお店の空弁。未だにこちらの店舗に行ってすき焼きを食べたことは無いですが、今半のお弁当(空弁ではないもの)を食べたことがあります。中々金額の高いお弁当を食べたりしないので覚えていましたが、美味しかった記憶があります。
この歳になってもやはり高いお弁当を食べる機会はなく、お弁当で贅沢をするのはこの空弁をチョイスする時ぐらいです。
で、このお弁当、とにかくお肉が美味しいんです!そして見た目が整っていてキレイ!ボリュームはありませんが、品よく纏まっている。上品とはまさにこの事!ちょっと感動します。お麩も、シイタケも味が染みてる。添えられた玉子焼きも良い。
個人的に、このお弁当が美味しかったのでその後、父の日母の日のプレゼントで今半の肉を両親に送りました。

 

肉の万世「万かつサンド」¥700(税込)

恐らく私が初めて食べた空弁が、この肉の万世の「万かつサンド」でした。
実家に帰省する時は大体始発便か最終便なのですが、最終便だと実家に帰りつくのが夜遅くなるので搭乗前に晩御飯を済ませておきたいのです。
その時は「お腹空いた~、でももうレストランに入って待つ時間も無い…」と羽田空港の中をあちこちウロウロして食べたいものを探していました。そんな時にパッと目に入ったのがこのサンドイッチ。
一つ掴んで驚きました。パンがふわっふわ!え?こんな柔らかいの?!柔らかいパンとしっかりしたお肉とソース、口の中で噛むほどに味が広がっていって、これぞ幸せの味……。と、搭乗口前であっという間に食べてしまいました。

 

天のや「玉子サンド」、松露「松露サンド」

今までご紹介した2つは既に食べたことのある空弁でしたが、これから私が食べる機会を狙っている空弁もご紹介いたしましょう。
まず1つ目が玉子サンド!空弁では天のやの玉子サンドが有名ですが、東京築地の松露サンドも気になります!これはいつか食べ比べをしなければと思うのですが、未だ機会がありません。厚焼きの玉子とふわふわパンは最高の組み合わせですよね。

そして2つ目がいなり寿司!私は大のいなり寿司好きで、よく実家のおばあちゃんに作ってもらいます。そんな私が気になっているのが「穴守おこわいなり」です。
可愛らしいサイズのいなり寿司で、女性の方は好きな方多いのではないかと思います。味も色々種類があって、飽きることなく楽しめるのではないでしょうか?

 

【記者の声】

いかがでしたでしょうか?

私も空弁デビューしてからまださほど食べているわけではないので、これからどんどん開拓して新しい空弁を楽しんでいきたいと思います。

皆様の空の旅のお供に、是非自分好みの空弁を見つけてくださいね!

その他おすすめの記事を見る