100円ショップで買えるおすすめアイテム3選 ~ダイソー編~

wagayaジャーナル

日本のこと、街のこと、暮らしのことなど
日本での生活に役立つことを発信しています。

100円ショップで買えるおすすめアイテム3選 ~ダイソー編~

2019-08-08

日本の文化・慣習

世界には雑貨や家電量販店、お花屋さんなど色々なお店がありますが、日本には100円ショップがあります。100円ショップはその名の通り、基本的に100円(+消費税)のものしか売っていないお店です。
まな板やお茶碗などの調理用品からお掃除用具や文房具、手芸用品なども売っています。

ダイソーは現在約3,300店舗、海外には26の国と地域に約2,000店舗を運営しています。
そこで今回は私のおすすめダイソーグッズをご紹介いたします。

「スポンジかけ」

まずはスポンジかけ。通常のスポンジかけはシンクのところに吸盤でくっつけるタイプの物が多いですが、こちらは吸盤ではなく、ひっかけるタイプのものです。
通常の吸盤のタイプですと、使用している内に劣化してなかなか付かなくなってしまい、いつの間にか落ちていたりすることがあります。
ひっかけるタイプのものは、蛇口などに前から後ろへくるっと回して、左右の凹凸をパチッとはめ込みます。コップのような形になっていますが、下には水切りようの穴があり清潔感があり、カビが生えにくいことはもちろん、その形のおかげでスポンジが飛び出しにくいのが特徴です。

「家具床保護シート」

引越しをしてきたばかりの時にはとてもきれいだったのに、退去する時に床に凹みやキズがあったことありませんか。借主の故意過失によってできた傷は借主負担になります。つまり、退去時クリーニング費用で何万円も多く取られてしまう可能性があります。そんなのイヤですよね。
そんな時に役に立つのが、家具床保護シートです。手持ちの家具が多い方もいらっしゃると思いますが、100円なので、何枚買ってもリーズナブルなお値段です。そこが100円ショップのいいところですね。
荷物を搬入したら、まず家具の足を拭いて、シートを貼ります。それだけで床が傷つくことが少なくなるので、たった数百円の出費で数万円のクリーニング費用を抑えられるのは嬉しい限りですね。

「激落ちくん」シリーズ

最後はお掃除グッズの激落ちくんシリーズです。

激落ちくんはその名の通り、汚れがスルスルと簡単に落ちます。特におすすめしたいのが、スポンジです。水につけてこすると、頑固な汚れが見る見るうちに落ちてきます。
床の汚れからキッチンの汚れまで、何でも落ちます。一枚の大きなスポンジになっているものもあるので、場所や用途によってちぎって大きさを変えられて使い捨てにもできるので、清潔感もありますね。

【記者の声】

私のおすすめをお伝えさせていただいましたが、いかがでしたでしょうか。

100円ショップダイソーには、まだまだいい商品がたーくさんあります。HPにも書いてありますが、100円だからこそ、いつもより多く買いやすいですし、使ったことがない商品でもチャレンジすることができると思います。
新しい商品・便利グッズも開発されているので、ぜひみなさんも気になる商品を見つけましたらチャレンジしてみてくださいね。

その他おすすめの記事を見る