【中央区 人形町エリアの街情報】街物語 人形町

wagayaジャーナル

日本のこと、街のこと、暮らしのことなど
日本での生活に役立つことを発信しています。

【中央区 人形町エリアの街情報】街物語 人形町

2019-06-14

日本の地域情報

皆さんは人形町と聞いて何を思い浮かべますか?
人形町は江戸の中心だった日本橋にあり、歴史と伝統が今なお生き続ける【粋】な街。
老若男女問わず人気の高い街です。

今回は、人形町駅周辺の観光地やグルメを中心にご紹介していきたいと思います。

①小網神社(こあみじんじゃ)

人形町の観光地と検索すれば最初に出てくるほど人気な、小網神社。
小網神社は【強運厄除】のご利益があると大人気!

その、ご利益の逸話としてホームページには
・東京大空襲の際、近隣の建物は被害を受けたものの、小網神社は奇跡的に無事
・第二次世界大戦時、小網神社の御守を受けた兵士が全員帰還

などなど、強運にまつわる逸話がたくさんあり、聞いただけで一度は足を運びたくなりますよね。
まさに、強運厄除けのご利益のある神社=小網神社 と言っても過言ではないのではと思います。

また、パンフレットには、病気平癒や渡航安全、財運向上、学計成就のご利益もあるとのこと。
なので、休日は多くの人が訪れます。ゆっくりお参りしたい方は平日がおすすめです。

②水天宮(すいてんぐう)

先ほどご紹介した小網神社に負けじと人気な、水天宮。

水天宮という名前の神社は全国各地に存在し、それらの総本宮は福島県の久留米水天宮でございます。つまり、東京日本橋の水天宮は久留米水天宮の分社です。

水天宮は子どもや水に関わりの深い神社であり、このことから【安産】【水難除け】【病気治癒】のご利益があると言われこちらも人気の高い神社です。

特に妊婦さんやその家族の方が安産をご祈祷のために訪れ、休日は行列になる日も!

また、園内は2016年4月に新社殿が完成したこともあり、とても綺麗でバリアフリー化もされているのでどなたでもご祈祷できるようになっております。

身内に妊婦さんがいらっしゃったら足を運んでみてはいかがでしょうか。

③甘酒横丁 ~柳屋~

神社をめぐって、少しお腹が空いたら甘酒横丁!!

甘酒横丁は、人形町駅から明治座まで続く約400mの商店街で多くの人に親しまれ、活気のある観光地となっています。

甘酒横丁には多くの美味しいグルメがあるのですが、
今回ご紹介したいのは、大正5年(1916)創業の老舗中の老舗【柳屋】さんです。

柳屋さんは東京のたい焼き御三家に数えられるほどの名店になります。
柳屋さんのたい焼きの特徴としては、薄皮で外はパリッ、中はふわっとしており、こだわりの餡は甘さ控えめで生地との相性が抜群!!

お値段も1個160円と手ごろな価格で、店頭には常に行列ができており、人気の高さを物語っています。

それもそのはず、材料はその日の朝に仕込み、その日のうちに使い切っており、型は戦前に鋳物職人の手で作られたものを使用し、一つ一つ丁寧に焼かれています。
こういったこだわりが、柳屋さんのたい焼きの美味しさの秘訣なんでしょうね。

是非とも一度は食べていただきたい一品です。

【記者の声】

いかがでしたでしょうか。

まだまだ紹介させていただきたい名所はあるのですが、3つに絞ってご紹介させていただきました。
この記事を読んでもっと人形町を知りたいと思ってくださった方がいらっしゃったら、お時間のある時に人形町駅周辺を散策してみてはいかがでしょうかみてはいかがでしょうか!!

きっと素敵な時間になることでしょう。
最後までお読みいただきありがとうございました。

その他おすすめの記事を見る