大阪府の家賃は高い?大阪全域の家賃平均相場を解説!

wagayaジャーナル

日本のこと、街のこと、暮らしのことなど
日本での生活に役立つことを発信しています。

大阪府の家賃は高い?大阪全域の家賃平均相場を解説!

2022-08-10

日本の地域情報

 

 

大阪府は東京に次ぐ日本の第二の都市です。

家賃相場が高いイメージがありますが首都圏と比較すると比較的安く住むことが可能です。もちろん大阪の中心エリアとなると家賃が東京並みに高い物件もありますが、大阪市内の物件でもワンルームの平均家賃は2万円以上も安いのです。

 

この記事では大阪府のおおまかな土地について、大阪府内の平均家賃相場をご紹介いたします。大阪で新生活を送るための注意事項についても併せて解説します。

 

大阪府のおおまかな土地感

大阪府のエリアは、大阪市とそれ以外の大きく2種類に分けることができます。

大阪市には24もの区があり、「都心9区」とそれ以外に分かれています。

「都心9区」と呼ばれるエリアは商業やビジネスの中心となっており、北区、中央区、浪速区、西区、都島区、淀川区、天王寺区、福島区、阿倍野区です。

 

都心9区のうち、梅田などがある「キタ」エリアは「北区」、道頓堀などがある「ミナミ」エリアは中央区と浪速区です。これらの都心部のエリアに近づくほど、家賃も高くなっていく傾向にあります。

 

 

大阪市の家賃相場

大阪市の平均家賃相場は下記のとおりです。

地域 ワンルーム 1K・1DK 1LDK・2K・2DK
大阪市都島区 4.9万円 5.3万円 7.0万円
大阪市福島区 5.4万円 6.1万円 9.0万円
大阪市此花区 4.5万円 4.9万円 6.6万円
大阪市西区 5.5万円 6.3万円 9.4万円
大阪市港区 4.5万円 4.9万円 6.5万円
大阪市大正区 4.8万円 5.2万円 6.8万円
大阪市天王寺区 5.1万円 5.8万円 8.6万円
大阪市浪速区 5.2万円 5.9万円 8.7万円
大阪市西淀川区 4.6万円 5.0万円 6.8万円
大阪市東淀川区 4.2万円 4.6万円 6.2万円
大阪市東成区 5.0万円 5.5万円 7.4万円
大阪市生野区 4.5万円 4.9万円 6.4万円
大阪市旭区 4.1万円 4.6万円 6.6万円
大阪市城東区 4.3万円 4.8万円 6.7万円
大阪市阿倍野区 4.3万円 4.9万円 7.3万円
大阪市住吉区 3.9万円 4.3万円 6.0万円
大阪市東住吉区 4.0万円 4.4万円 6.0万円
大阪市西成区 4.5万円 4.8万円 6.3万円
大阪市淀川区 4.9万円 5.4万円 7.4万円
大阪市鶴見区 4.5万円 4.9万円 6.4万円
大阪市住之江区 4.0万円 4.3万円 5.8万円
大阪市平野区 3.8万円 4.1万円 5.4万円
大阪市北区 5.6万円 6.3万円 9.0万円
大阪市中央区 5.5万円 6.3万円 9.5万円

 

平均家賃相場は、築年数や設備を考慮せずに算出した平均値ですので、築年数の浅さや駅からの近さなど条件が良い物件は人気も高く、この平均値よりも最大数万円高くなることもあります。

 

都心9区の中でも阿倍野区は比較的安く、都心9区以外になるとさらに家賃相場が安くなるエリアもあります。「都心9区」外や隣接する市であっても、大阪は鉄道網が充実しており大阪中心部へのアクセスが良いエリアが多くあります。家賃をなるべく抑えたい場合は中心部から離れたエリアをねらうのがおすすめです。

 

 

 大阪市以外のエリアの家賃相場

大阪市以外の平均家賃相場は下記のとおりです。

 

地域 ワンルーム 1K・1DK 1LDK・2K・2DK
堺市堺区 4.4万円 4.8万円 6.6万円
堺市中区 4.0万円 4.3万円 5.2万円
堺市東区 3.9万円 4.2万円 5.5万円
堺市西区 4.6万円 4.9万円 6.2万円
堺市南区 4.5万円 4.8万円 6.0万円
堺市北区 4.6万円 5.0万円 6.5万円
堺市美原区 4.6万円 5.5万円
岸和田市 3.7万円 4.0万円 5.0万円
豊中市 4.4万円 4.8万円 6.4万円
池田市 4.2万円 4.6万円 6.1万円
吹田市 5.0万円 5.4万円 7.2万円
泉大津市 4.1万円 4.4万円 5.5万円
高槻市 4.7万円 5.0万円 6.3万円
貝塚市 3.7万円 4.0万円 4.8万円
守口市 3.8万円 4.2万円 5.7万円
枚方市 3.6万円 3.9万円 5.3万円
茨木市 4.7万円 5.0万円 6.4万円
八尾市 4.1万円 4.4万円 5.5万円
泉佐野市 4.0万円 4.2万円 5.1万円
富田林市 3.6万円 3.8万円 4.9万円
寝屋川市 3.5万円 3.8万円 5.1万円
河内長野市 3.5万円 3.7万円 4.7万円
松原市 3.9万円 4.2万円 5.3万円
大東市 3.8万円 4.1万円 5.3万円
和泉市 4.0万円 4.3万円 5.3万円
箕面市 3.9万円 4.3万円 5.9万円
柏原市 3.6万円 3.9万円 4.8万円
羽曳野市 3.8万円 4.0万円 5.0万円
門真市 3.6万円 3.9万円 5.3万円
摂津市 4.4万円 4.8万円 6.3万円
高石市 4.0万円 4.3万円 5.3万円
藤井寺市 3.9万円 4.1万円 5.2万円
東大阪市 4.0万円 4.3万円 5.7万円
泉南市 4.6万円
四條畷市 3.6万円 3.9万円 5.1万円
交野市 4.0万円 4.3万円 5.6万円
大阪狭山市 4.0万円 4.2万円 5.3万円
阪南市 3.8万円 4.1万円 4.9万円
三島郡 4.3万円 4.6万円 6.0万円
泉北郡 4.1万円 4.3万円 5.1万円
泉南郡 3.7万円 4.0万円 5.1万円
南河内郡 2.9万円 3.2万円 4.2万円

 

数字からお分かりのとおり、大阪市や京都などの中心エリアから離れると家賃相場は大幅に安くなる傾向があります。ただし大阪市外であっても一概に都心9区よりも安いというわけではありません。吹田市など大阪市内の中心エリアにアクセスのよい隣接する市では、都心9区よりも高いエリアもあります。

また急行が止まる駅や複数路線が乗り入れている駅など交通の便が良い駅は家賃相場が上がる傾向にあります。

こちらも先程紹介した大阪市内と同様、築年数や設備を考慮せずに算出した平均値です。築年数の浅さや駅からの近さなど条件が良い物件は人気も高く、この平均値よりも最大数万円高くなることもあります。

 

 

まとめ

大阪府と一言で言っても、最も家賃相場の高い北区と最も安い南河内郡ではワンルーム平均であっても約2.6万円、倍近くの差があります。もちろん南河内郡は都心から離れ、自然も豊かで静かに過ごすことができる一方で北区はオフィスビルが多く便利ですが繁華街もあるので賑やかな中で生活を送ることになるでしょう。家賃の相場が変わると街自体の雰囲気も大きく異なります。また、都心での生活は日本人だけでなく、そこで働いたり住んでいる外国人との出会いも広がる可能性があります。

 

新たな土地や部屋で新生活を送るためには、家賃の3倍の収入があることが審査において見られる重要な項目です。その条件や無理に節約を強いられることがないことを念頭に置いて部屋探しをすることをおすすめします。

 

また、外国人の方には馴染みがないかもしれませんが「敷金」「礼金」を支払う文化が日本にはあります。そのため部屋を借りるために必要な初期費用として家賃の5~6倍かかるのが一般的です。毎月の家賃を支払うことができても初期費用が用意できなければ契約をすることができません。初期費用を準備するとともに、急いで引っ越しを検討している場合には初期費用が抑えられる物件を探すことをおすすめします。

その他おすすめの記事を見る