【保存版】六本木はどんな街?六本木の特徴や魅力、治安情報をレポート

wagayaジャーナル

日本のこと、街のこと、暮らしのことなど
日本での生活に役立つことを発信しています。

【保存版】六本木はどんな街?六本木の特徴や魅力、治安情報をレポート

2021-03-10

日本の地域情報

 

 

六本木は日本屈指の外国人にも人気の繁華街です。

バーやクラブも多く夜の華やかなイメージもある六本木ですが、美術館や緑もあり、都会の喧騒を忘れられる魅力的な側面も持ち合わせています。

 

この記事では六本木の特徴や魅力、住むのに適した場所なのか治安情報も併せて解説します。

 

【目次】

■六本木の特徴・魅力について

■六本木の交通アクセス情報

■六本木エリアの治安情報

■六本木エリアの家賃相場

■六本木エリアのおすすめスポット

■まとめ

 

 

六本木の特徴・魅力について

六本木は青山、麻布などの一等地に隣接する富裕層にも人気のエリアです。

元々六本木の町域は現在の六本木交差点近辺の狭い地域を指していましたが、現在の六本木エリアは大半が武家屋敷のあった区域です。

 

六本木の地名の由来は青木氏、一柳氏、上杉氏、片桐氏、朽木氏、高木氏の六大名の武家屋敷があったとされる説や六本の松の木があったとする説などが有力です。

 

高度経済成長期にテレビ朝日が開局したことで、芸能人やアーティストが住む高級住宅街になりました。また、近隣するエリアの外資系企業に勤める人や各国の大使館があるため、外国の方からも人気のエリアとなりました。

 

現在では無数のバーやレストラン、六本木ヒルズや東京ミッドタウンなどの大型商業施設や、オフィスビル・タワーマンションが立ち並び、「衣」「食」「住」全てを満たした華やかな街となっています。

 

 

 六本木の交通アクセス情報

六本木エリアの交通アクセス情報を解説します。
最寄りの「六本木駅」は東京メトロ日比谷線と都営地下鉄大江戸線が乗り入れています。

隣接する駅では、南北線「麻布十番駅」や「六本木一丁目駅」、千代田線「乃木坂駅」、都営地下鉄大江戸線「麻布十番駅」からも徒歩圏内です。

 

特に麻布十番駅から六本木ヒルズに向かうけやき坂通りはイルミネーションも有名であえて隣接する駅で下車して歩くと毎回新たな魅力を発見できます。

 

また、六本木駅から主要ターミナル駅までのアクセスは以下の通りで、どこへ行くにも便利なロケーションです。

新宿駅:9分

銀座駅:10分

渋谷駅:12分

東京駅:14分

羽田空港:40分

成田空港:1時間30分

 

 六本木エリアの治安情報

六本木エリアに住むのにあたっての治安情報を解説します。

東京都の「犯罪情報マップ」によると駅周辺六本木三丁目エリアは犯罪件数が多いエリアです。

そのため、巡回する警察も多いのが事実です。

 

六本木通りなどの大通りは人通りが多くにぎやかですが、一本裏道に入ると急に人通りが少なくなる場所もあります。

 

しかし、駅から離れると犯罪件数が少なくなります。特に、駅の北側「青山」方面は犯罪件数も少なく落ち着いているエリアです。

 

物件を探す場合は駅の北側や大通り沿いの物件をおすすめします。

 

 六本木エリアの家賃相場

六本木エリアの家賃相場を紹介します。

 

間取り 家賃相場
ワンルーム 14.10万円
1K 12.89万円
1DK 16.05万円
1LDK 24.90万円
2LDK 42.81万円
3LDK 56.27万円

 

六本木エリアは東京屈指の高級住宅街のため、ワンルームや1Kなどの単身向けの部屋でも10万円を超えています。

 

立地と部屋の広さの優先順位にも拠りますが、広い部屋に住むことを希望する場合、六本木から少し離れた方が家賃を抑えられる可能性があります。

 

例えば広尾駅・麻布十番駅の場合、ワンルームや1Kの家賃相場が少し下がります。

 

六本木 広尾 麻布十番
ワンルーム/1K家賃相場 14.10万円 11.00万円 12.00万円
平均家賃相場 15.00万円 13.20万円 13.50万円

 

都内の地下鉄は駅間の距離が遠くないため、六本木エリアまでは徒歩圏内です。六本木の華やかな街から少し離れ、落ち着いた住宅街に住むことも良いかもしれません。

 

 

 六本木エリアのおすすめスポット

六本木エリアは施設も多く、どこに行くべきか悩んでしまうほど多くのお店や施設があります。

ここでは六本木エリアのおすすめスポットをショッピング・食・観光に分けてご紹介します。

 

 

六本木エリアおすすめのショッピングスポット

六本木エリアは渋谷や新宿と異なり、商業施設内にショッピングスポットが集まっているため、買い物がしやすいのが特徴です。

 

 

・東京ミッドタウン

東京ミッドタウンは、130以上のショップやレストランにオフィス、高級ホテル(ザ・リッツ・カールトン東京)、美術館等が集まった複合施設です。さらにマンションや病院、都会とは思えない広大な緑あふれる公園もあり、衣食住全てが揃ったまさに「都会の真ん中にある町」です。

 

ショッピングエリアには「THE COVER NIPPON」など日本各地から取り寄せられた日本の伝統品を扱うショップもあります。

 

・六本木ヒルズ

六本木ヒルズは六本木を代表するシンボル的な複合商業施設です。映画館や美術館、「ヒルズ族」という言葉を生んだセレブが住む六本木ヒルズレジデンスマンション、グランドハイアット東京で構成されています。

 

六本木ヒルズ内にはルイ・ヴィトンなどの高級店からファストファッションでおなじみのZARA、子どもと一緒に楽しめるレゴストアもあり、幅広い年齢層で楽しむことができます。

 

・バーニーズニューヨーク六本木店

六本木での路面店は少ないのですが、バーニーズニューヨーク六本木店は六本木の一等地に大々的に店舗を構え世界から集められた厳選アイテムを取りそろえるセレクトショップです。

 

プレゼントから自分へのちょっとしたご褒美にも、六本木のショッピングには外せない店舗です。

 

 

六本木エリアのおすすめの飲食店

次に六本木エリアのおすすめ飲食店を中心に紹介します。

 

 

・てんぷら みかわ

六本木ヒルズ内にある「てんぷら みかわ」。カウンターでゆっくりいただける絶品の天ぷらは職人さんが一品一品丁寧に揚げてくれます。

 

天ぷらを揚げるパチパチと鳴る高温の油の音は天ぷらのおいしさを一層引き出します。

 

・茶彩 絲(ちゃさい いと)

色とりどりのキレイな季節のお料理をお弁当箱につめた宝石が詰まったような御膳と、金魚すくいを思わせるようなわらび餅が有名です。

 

和を感じる落ち着いた店内で過ごす時間は、琴の音ですっかり都会の喧騒を忘れさせてくれます。

 

 

・割烹 小田島

 

割烹小田島は和食とワインのマリアージュを楽しめるお店です。和食には日本酒という既成概念を壊し、伝統的な和食に洋の要素を持ち合わせたモダン和食が楽しめます。

英語以外にも、フランス語・イタリア語でも対応してくれます。日本語に不安がある方や海外から来たお客さまにもおすすめの割烹料理屋さんです。

 

 

六本木エリアのおすすめの観光スポット

 

六本木エリアのおすすめ観光スポットを紹介します。

 

 

・国立新美術館

日本内外のさまざまな人々の価値観に触れる機会を「美術」を介して提供しています。

ダイバーシティーの相互理解と共生のために新たな文化の出発点として常時さまざまな展示がされています。

 

 

・森美術館

六本木ヒルズ内の森美術館は西洋美術から現代カルチャーまで幅広いジャンルの展覧会を常時開催しています。

 

ディズニーピクサー展など子どもでも楽しめる展示を行っていることもあり、おすすめです。

 

・六本木ヒルズ 展望台・スカイデッキ

六本木ヒルズ内の53F展望台とスカイデッキは、大都会東京を眼下に見下ろすことができ、日中の風景も夜景も楽しむことができます。

森美術館の年間パスポートを持参していると、展望台やスカイデッキが追加料金なしで入場することができるので、六本木に住むのであればぜひ年間パスポートを購入することをおすすめします。

 

まとめ

この記事では六本木エリアの特徴や治安・おすすめスポットをご紹介しました。

 

誰もが一度は憧れるエリア六本木は、家賃も高いですが、その分魅力がたくさん詰まった町です。

住む・住まないに関わらず、ショッピングに食事に、観光スポットが充実している六本木に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

六本木のある港区エリアで物件を探す

 

その他おすすめの記事を見る