wagaya Japan会员规则

Wagaya Japan会員規約

wagaya japan規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社日本エイジェント(以下「当社」といいます)が運営する不動産情報サイト「wagaya japan」(以下「本サイト」といいます。)に付随する会員サービス(会員サービスの一部として提供する会員向けメールマガジンサービスを含みます。これらを以下「本サービス」といいます。)を利用するユーザーに対して適用されます。
当社は、本規約に基づき、本サービスを提供するものとし、ユーザーは、本規約、利用規約、ならびに別途本サイト上で当社が通知する注意事項や利用ルール等を遵守するものとします。

第1条 会員の定義

  • 会員とは、wagaya japanID規約および本規約に承諾のうえ、本サービスへ申し込み、当社がこれを承認した方をいいます。
  • 会員は、個人情報登録の時点で本規約の内容を承諾しているものとみなします。
  • 会員は、当社が定める方法によって、いつでも本サービスで配信する会員向けサービス提供の停止や希望エリア変更手続きを行うことができます。

第2条 利用停止処分について

当社は、会員が本規約またはwagaya japanID規約に違反した場合、当該会員に事前に通知することなく、当該会員の本サイトの各サービスの全部または一部の利用を一時中止または会員資格をはく奪することができます。

第3条 メッセージ機能について

  • 当社は、アプリ上で本サイトに参画する事業者(以下「事業者」といいます。)と会員との間でメッセージコミュニケーションが可能になるサービス(以下「メッセージ機能」といいます。)を提供する場合があります
  • 会員は、メッセージ機能を利用し画像、文章等を送信した場合(以下、当該送信された画像、文章等を「会員送信内容」といいます。)、会員送信内容に関して、当社が以下の各号に定める行為を行なうこと当社に許諾したものとします。
  • 内容について審査すること
  • 相手方に送信すること、または送信しないこと
  • メッセージ機能上への送信後に削除すること
  • 会員は、会員によるメッセージ機能の利用に起因して発生したトラブルについて、自らの責任で解決をするものとし、かかるトラブルに基づき生じる一切の損害について賠償責任を負うものとします。当社は、会員によるメッセージ機能の利用に起因して発生したトラブルについて責任を負いません。
  • 会員は、以下の各号に掲げる内容の送信またはその恐れのある内容の送信を、メッセージ機能上で行わないものとします。
  • 当社または第三者の著作権、商標権その他の知的財産権、プライバシー権、名誉等、第三者の権利を侵害する内容
  • 他人になりすました内容
  • 当社の信頼を毀損する内容
  • メッセージ機能において提供される情報の正確性に関するお問合せやクレーム
  • 有害なコンピュータプログラム、スパムメール、チェーンレター、ジャンクメール等
  • 当社または特定の企業、法人、団体、地域、個人を誹謗、中傷し、名誉、プライバシーを傷つける、または差別発言するなどの不適切な表現(伏字での発言も含める。)を含む内容
  • 公職選挙運動、特定の思想・宗教への勧誘、またはそれらに類する内容
  • ポルノ小説・写真、性的交渉の勧誘、その他猥褻な内容
  • 児童や青少年に対し、粗暴性、残虐性または犯罪を誘発助長し、その健全な育成を阻害する内容
  • 差別的表現、ナンセンス、グロテスクな内容
  • 法令、公序良俗に反する内容
  • 不動産に関する問い合わせと関係のない内容
  • その他、チャット機能に不適切な内容、表現であると当社が判断する内容の投稿
  • 当社は、会員登録・抹消の前後を問わず、会員による利用履歴(ページビュー、送受信履歴、会員および事業者間の送受信内容等を含みますが、これらに限られません。)を個人を特定または特定しないで解析した後、個人を識別・特定できないように加工、集計および分析した統計データ、属性情報等を作成し、当該解析結果、利用履歴、統計データ、属性情報等につき何らの制限なく利用(事業者へ閲覧させること、事業者への提案、市場の調査、新サービスの開発を含みますが、これらに限られません。)することができるものとし、会員はこれをあらかじめ承諾するものとします。

第4条 本サービスの変更、中断及び終了

  • 当社は、以下の各号に掲げる場合、会員への事前の通知なくして、本サービスの変更または一時的な中断を行うことがあります。
  • 天災、停電、戦争等の不可抗力により本サービスの提供ができなくなった場合
  • 当社が本サービスの運営上一時的な中断が必要と判断した場合
  • 当社がシステム保守を実施する場合
  • 当社は、会員に通知のうえ、本サービスの全部または一部のサービスの提供を長期的に中断もしくは終了することができます。

第5条 規約の変更

  • 当社は、ユーザーに事前の通知をすることなく本規約および諸注意等を変更(追加・削除を含みます。以下同様。)することがあります。
  • 変更された本規約および諸注意等は、これらを本サイト上に掲示した後、会員が本サイトにアクセスし、本サービスを利用した時点をもって承諾したものとみなします。

第6条 準拠法及び管轄

  • 本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関する一切の紛争は、松山地方裁判所または松山簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則

2019年1月1日 施行

株式会社日本エイジェント

[wagaya japanID规约]

第1条(规约之适用)

  • wagaya japanID规约(以下简称“本规约”)适用于利用由日本Agent株式会社(以下简称“本公司”)所提供服务之利用者(以下简称“利用者”)及ID持有者(于下一条定义之)。
  • 本规约之内容会在未经事先告知ID持有者的情况下,因应需求进行变更,因此请在利用本服务时,先确认刊载于本服务上最新版本的本规约。
  • 本公司在基于前项进行本规约之内容变更后,ID持有者在利用本服务时,即视为该当ID持有者同意本规约之变更。
  • 本公司在本服务上有刊载各注意事项等(以下简称“各注意事项等”)时,各注意事项等被视为构成本规约之部分内容。

第2条(ID持有者)

  • 所谓的ID持有者(以下简称“ID持有者”),系指在本服务上注册本公司所规定的必要信息,并获得本公司同意本公司独家ID(以下简称“wagaya japanID”)之利用者(从该当信息注册到该当同意之手续,以下简称“ID注册”)。 ID注册后,ID持有者得以利用在本服务中针对ID持有者提供之服务(以下简称“对象服务”)。
  • 利用者在进行ID注册当下,即视为同意本规约之内容。仅不进行ID注册被认为是不同意之意思表示。
  • 利用者在进行ID注册时,请遵守以下条件。
  • 请在本服务上的ID持有者注册专用页面的填写栏中,输入与利用者自身相关之真实且正确的信息,进行ID注册。不接受任何代理注册。
  • 在ID注册登录电子邮件地址时,请登录ID持有者自身所拥有的电子邮件地址。
  • 拒绝利用他人电子邮件地址的注册。当公司、学校及家族等复数人共用电子邮件地址时,仅在该当共有者全体认同以该当电子邮件地址进行ID注册情况下,该当电子邮件地址的ID注册才会被接受。但是,在此情况下,对象服务的利用也仅限于注册者本人。
  • (1)的输入事项有变更时,请ID持有者尽快进行注册内容的变更。
  • 不接受一个利用者进行多个RECRUIT ID的注册及/或持有。
  • ID持有者在利用对象服务时,应输入在ID注册时登录的电子邮件地址及密码,利用该当电子邮件地址及密码执行之行为,本公司将视为是由该当输入电子邮件地址及密码与注册于本公司之电子邮件地址及密码一致之ID持有者所利用。即使电子邮件地址及密码遭盗用或被非法使用,除本公司故意或重大过失外,该当行为所导致之责任应由ID注册信息与该当电子邮件地址及密码一致之ID持有者承担。
  • 在下列情况中,本公司会在未经事先告知该当ID持有者下,停止、终止该当ID持有者利用对象服务的全部或部分内容、删除注册ID、删除注册之电子邮件地址及剥夺ID持有者资格、损害赔偿请求等必要措施(包含法律措施,但不以此为限)。此外,即使该当应对结果造成ID持有者产生损害及不利,本公司概不承担任何责任。
  • ID持有者在过去3年内未曾利用该当ID持有者之wagaya japanID进行登录,并且因错误无法透过本公司电子邮件发送各种连络,或在接收邮件设定上全部选择「不接收」时
  • 本公司判断ID持有者违反本规约或利用本服务时所提供的各服务利用规约及各项注意事项等(以下总称为「服务利用规约」)或本公司判断为类似之行为
  • ID持有者进行本公司在对象服务运营上判断为不适当之行为
  • 利用本服务时,ID持有者应在确认并同意服务利用规约后利用该当服务。

第3条(ID持有者之禁止事项)

ID持有者在利用对象服务时,不得进行符合下述各项之行为,或由本公司判断为类似之行为。

  • 侵害其他利用者或第三方之著作权、肖像权及其他知识产权之行为
  • 侵害其他利用者或第三方之财产、隐私权等之行为
  • 对其他利用者或第三方造成诽谤中伤、困扰之行为、让人感到不愉快之行为
  • 非法访问本公司的服务器等及计算机、传送或写入有害之计算机程序、电子邮件等行为
  • 以商务目的利用对象服务之行为
  • 与犯罪行为相连结之行为
  • 对透过对象服务获得之信息进行复制、贩售出版及其他超出私人使用范围使用之行为
  • 妨碍对象服务之运营,或损毁本公司或合作方信赖之行为
  • 进行営业活动、以営利为目的之信息提供活动之行为
  • 使用对象服务,透过故意提供虚假信息或恐吓令本公司或合作方为难之行为
  • 其他违反或可能违反法律、法令、公序良俗或本规约之行为

第4条(不保证)

本公司致力于在对象服务中向ID持有者传达可靠的服务与信息,然而针对下列各号完全不做任何保证。在利用对象服务时,ID持有者本身应判断对象服务及在对象服务中提供的信息及服务之有用性等,并自行承担责任利用之。

  • 关于在对象服务上所提供所有信息(包含对象服务及在对象服务上所显示由第三方管理、运营的链接网站内的所有信息等,以下相同)的有用性、适当性、完整性、正确性、安全性、合法性及最新性等
  • 对象服务及可透过对象服务获得的商品、服务、信息等能适当满足ID持有者的要求或期待
  • 对象服务的提供不会产生不良状况、错误或故障
  • 与对象服务相关连发送的电子邮件、网站内容等不含计算机病毒等有害程序
  • 维持对象服务的存续或同一性

第5条(本公司、ID持有者之责任)

  • 关于ID持有者因对象服务的利用(包含本项各号,但不以此为限)或无法利用造成的任何损失(包含对ID持有者或第三方造成精神上的痛苦,或其他金钱上的损失等不利,但不以此为限),除本公司故意或重大过失外,本公司概不承担任何责任。此外,即使本公司需承担责任,本公司的责任仅限于直接与一般损害。
  • 因透过对象服务下载由第三方提供的内容及访问由第三方管理、运营的链接网站等行为,对ID持有者造成的损害
  • 尽管本公司已采取相当程度的安全措施,但因执行未经授权擅自修改对象服务、非法访问与对象服务相关的数据、计算机病毒的混入等非法行为,对ID持有者造成的损害
  • 因通讯线路、计算机等故障导致系统或服务中断、延迟、中止、数据消失、非法访问而产生的损害
  • 关于ID持有者在利用对象服务时,ID持有者与本点数付与对象交易服务提供企业、本点数使用企业及其他第三方之间产生的纠纷,除本公司故意或重大过失外,本公司概不承担任何责任,ID持有者应自行承担费用与责任,解决该当纠纷。
  • 因ID持有者违反本规约或服务利用规约之行为造成本公司或第三方产生损害时,该当ID持有者应自行承担责任与费用,赔偿该当全部损害。

第6条(个人信息处理)

  • 本公司尊重ID持有者的隐私权,并且谨慎管理各位ID持有者的个人信息。在管理、运营对象服务时,本公司将遵从额外制定的“隐私权政策”处理从ID持有者处获取的个人信息。
  • 即使ID持有者停止利用对象服务或退出对象服务的独家会员制度等(无论任何理由),ID持有者仍尚未遵从本公司额外规定的手续删除wagaya japanID时,本公司得以持续保有及利用ID持有者的个人信息。 ID持有者被视为事先同意之。

第7条(属性信息、行动历史纪录之取得及利用)

  • 本公司得以取得并在对象服务提供的必要范围内利用透过ID持有者利用对象服务所提供的年龄、性别、职业、居住地区等属性信息及ID持有者在对象服务中的行动历史纪录,并且无论本契约的有效期间,皆能在毫无限制下利用基于该当属性信息、该当行动历史纪录制成的统计数据。 ID持有者被视为事先同意之。此外,除基于法律要求及获得ID持有者之同意外,本公司不会将可特定ID持有者个人的信系向第三方揭露。
  • 当ID持有者利用wagaya japanID登录对象服务时,在特定个人下,本公司得以利用迄今为止取得的属性信息及行动历史纪录(无论是在同意本规约之前或之后取得的信息),进行广告等的发送、显示及提供本服务。 ID持有者被视为事先同意之。

第8条(反社会势力之排除)

ID持有者应声明自己不属于反社会势力(暴力团、暴力团员、退出暴力团未满5年、暴力团预备成员、暴力团关系企业、不良团体等不良社会活动或特殊知能暴力集团等,其他类似行为者,予以称之。),以及将来不会进行暴力行为、诈欺与恐吓行为、妨碍业务行为等非法行为。当违反此声明时,将无异议地停止wagaya j apanID及对象服务的使用,或解除合同。

第9条(权利义务之转让禁止)

除非事先经本公司同意,ID持有者不得将与对象服务相关之地位及基于该当地位所拥有的权利义务向第三方转让或提供担保。

第10条 (准据法及管辖)

本规约基于日本法律进行解释,当产生与本规约相关的任何纠纷时,以松山地方法院或松山简易法院为第一审专属合意管辖法院。

附则

2019年1月1日 制定、实施